リストレンタルセミナーに学ぶ無料オファーの形

無料オファーの新しい形ですかねぇ・・・。

 

メルマガでは、ネタにしていたのですが、

先日、無料オファーのASPにも制約が出始めたことをお伝えしました。

 

「特典をつけての紹介は禁止」ってヤ~ツ~です。

 

※もう終了してますが、このキャンペーンのASPですね。

→ テキストミキサー

 

 

で、今後は、

無料オファーというのが、集客のための広告手法であることを考えると、

ますますこういった流れになるでしょうね、きっと。

 

 

そして、 「特典をつけての紹介は禁止」では無いのですが、

この流れを汲んでの無料オファーがこちらですかね。

→ リストレンタルセミナー

 

 

こちらの無料オファーは、

 

・最初の申込み時に報酬は発生しない

・しかし、その後のバックエンド商品に報酬が発生する

 

という仕組みになってます。

 

 

つまり、

 

・無料オファーに特典をつけて登録してもらう

 ↓

・見込み客になりにくい

 ↓

・バックエンド商品が購入されない

 ↓

・報酬は発生しない(広告費は発生しない) というわけです。

 

 

逆に、

 

・興味のある人に紹介して登録してもらう

 ↓

・見込み客になりやすい

 ↓

・バックエンド商品が購入される

 ↓

・報酬が発生される(広告費が発生する)

 

ということになるので、

 

特典をつけていようが、つけていまいが、ムダな広告費をかけずに、

広告主として重要な「見込み客集め」という点を達成できるわけです。

 

さらに、この仕組みの凄いところは、

お金がなくてもかけられる広告手法というところです。

 

 

それは、なぜか?・ ・ ・

 

 

上記の報酬発生までの流れを 良く見ていただければわかるのですが、

商品が購入されるまで、広告費が発生しないからです。

(先に、キャッシュが入った後に、キャッシュが出て行くという流れ)

 

 

こういった仕組み(戦略)は、

 

マネできるできないは、ともかく、

ビジネスをやっていく以上、

注目して自分の発想に取り込んでいくのは、大事かと。

 

 

ところで、

こういった小資金戦略の発想を学べるのが

先日で販売終了してしまったあれですよねー^^

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。